アーカイブ

カテゴリー

固定ページ

2015年5月
     
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

喪中はがきを送る相手について

喪中はがきとは、喪に服しているため、新年のあいさつを控えさせてほしいという、事前通知とされています。しかし、どこまでの親族が亡くなった時に出すべきか、そして、送る相手も、どこまでに出すべきかと、とても悩んでしまいます。やはり、近い親族であれば、当然、喪に服すべきですが、それを、ビジネス上の相手にまでは、伝える必要はないのではないかと思います。私も現在、この喪中はがきについては、とても悩んでいます。今年、主人の父親が亡くなりましたが、子供たちの七五三、子供の誕生などおめでたい話題もあり、何を最優先に、新年のあいさつとすべきか。もちろん、悲しみもあり、喪に服すつもりではあります。しかし、故人との付き合いのなかった相手にまで、わざわざ、暗い通知を送るよりは、おめでたい話題を送りたいと考えています。

喪中はがきをどこまで出すか

今年、親族が亡くなりまして、結婚してから初めて我が家でも喪中はがきを出さなくてはいけなくなりました。時期的にも、そろそろ印刷などを注文して、11月の後半には投函したいなと考えているのですが、問題はどこら辺の方まで出すかです。マナー本などを見てみましたら、喪中はがきは通常だと両親や兄弟他は、おじ・おば・いとこなど三親等までは出すのが礼儀だとされていました。ただ、遠縁にあたり、殆ど交流の無い方にも知らせるべきかそこが迷いどころです。他にも、毎年年賀状を頂いている会社の方や、知人、友人などには出すべきかなと思っています。というのも、毎年新年のあいさつを交わしている方には新年の挨拶を欠いてしまうことを事前にお知らせしておかなくてはいけないと思うからです。ただ問題なのが印刷料金で、思ったよりも意外と高いものでできれば省略したい部分もあり、どこまで出すか悩むところです。

喪中はがきは早めに用意する

喪中はがきは、解ってるときは早めに用意して送るのがベストです。みんながおしせまった時期におくっては、もう年賀状の用意をしてるところもあるので、それではあんまり意味がないですね。売り出しは、いつでもでもないですが、早い時期にうられているので、枚数が解っているのなら、はやめに購入して、作っておくほうがいいですね。最近は自分でつくることのほうがおおくなったんですが、やっぱり、プロにだすほうが綺麗ですね。デザインもあんまりないですが、いいものがあったりするので、お金に余裕があるのなら、だしてみるのもいいかもしれません。もらったほうは、あんまりみてないかもしれないデザインですが、やっぱり、美しいほうがいいです。こういうのってあんまり種類はないのかと思っていたのですが、プロのところにだすと、意外とあったりするんですね。