固定ページ

薬袋は捨てずに保管しておこう

病院で薬を処方されたら、必ず薬袋に入れて渡されます。薬袋には自分の氏名のほか服用回数や、服用時間、服用量、注意事項など、薬を飲むときに必要な情報、病院名などが記載されています。薬の服用方法には一日三回服用するものや、一日二回服用するものなど、薬の成分によって飲む回数が異なります。病院や調剤薬局では、一日の服用回数が違う薬がある場合、別々の袋に分けて入れてくれます。そうすることによって、飲み間違いを防ぐメリットがあります。また、保育園や福祉施設では、職員の方が薬を準備して飲ませることが多いので、氏名や薬に必要な情報が明記されていると、誤って他人の薬を飲ませてしまう、というミスを未然に防げます。薬は用法や用量を守って飲まないと薬の効果が発揮されなかったり、副作用があらわれることもあります。薬をもらってすぐに薬袋を捨ててしまう方もいるようですが、大切な情報源なので保管しておくとよいでしょう。

調剤薬局で効果的に活用される薬袋の役割り

薬袋は調剤薬局などにおきまして、処方箋の薬などを利用客に渡す際、便利に使われています。通常はそれに処方された薬などを入れて、利用客に提供することになります。そして薬袋には処方された日にちや薬の名前、その他、服薬回数やその量などが記載される場合もあります。その為薬を飲む場合でありましても、とても役立つ情報が提供されることもあります。また、時には袋として使用しない場合もあります。例えば、口から直接飲むだけなく、経管でも投与可能な缶入りの総合的な栄養剤が箱単位で処方された場合などです。その場合、薬袋には当然ダンボールケースは入りませんので、その際の用いられ方と致しましては、栄養剤が梱包されたダンボールケースに、処方日などが記された状態で貼付される場合もあります。このように調剤薬局では処方薬を入れる袋として用いるだけでなく、処方薬の情報提供媒体としても効果的に活用されている場合があります。

薬袋に役立つITソリューション

調剤薬局ではそれぞれの患者に対しまして、処方薬などを渡す場合に服薬指導を行うことがあります。そして処方薬を渡す際には、その薬の効果や副作用などがきちんと書かれた服薬指導書などを同封して渡すことも増えています。しかし現在では、それらの処方薬に関する情報を始め、服薬に関する情報などを薬袋にプリントするというITソリューションが登場しています。これによりまして従来では別紙で提供されていた服薬指導関連の書類が不要になり、薬袋だけで情報提供を完結することが可能になります。そのことで薬剤師も円滑に情報提供を患者側に行うことでき、更に患者側にもメリットをもたらしてくれます。従来の別紙で渡されていた場合では、肝心の服薬指導関連の書類を失くしてしまう場合もありましたが、処方薬が入っている薬袋にその情報がプリントされておりますと、失くす可能性が極めて低くなります。

フラットワンご購入でポイントを進呈いたします。50ポイントで500円のクオカードをプレゼントいたします! 薬袋1つをとっても患者さまに安心感を与えるように意識しています。当社ではそんなデザイン薬袋も取り扱っております! 高品質の安心薬袋はフラットワンにお任せして間違いありません! 薬袋のデザイン・印刷・整袋はプリンター用薬袋のオンラインショップフラットワンにお任せ下さい! フラットワンの薬袋はあらゆるプリンターに対応!